伝説のガチバトルシリーズ全裸オイルキャットファイト1全試合結果

2014年1月にAVメーカー・ROCKETより発売された全裸オイルキャットファイトの第1作。当時、真木今日子や北条麻妃などビッグネームが参戦して話題となった作品がシリーズ化して8作品を出すことになる。
現在では需要はあってもなかなか作品化することが困難な、過激な表現が容認された最後のキャットファイト作品といってもいいかもしれない。
そんな伝説のガチバトル!「全裸オイルキャットファイト」の全試合結果をお送りします。

全裸オイルキャットファイトルール

全裸オイルキャットファイトの公式ルールでは、全裸で戦いギブアップするまで試合は行われます。そして勝者が敗者に対して顔面放尿やペニバン制裁などレズ制裁を行います。
ROCKETの過去のキャットファイトにあった男優が出てきてのレイプ制裁は今回から無くなってます。
そして反則技は拳による打撃、眼球への攻撃、凶器の使用。有効な攻撃は髪を掴む、ツバかけ、ビンタとなっています。
これにより髪を掴んでのビンタなどかなりハードな攻撃が予想されます。

全裸オイルキャットファイト1

 

2016年12月発売、全裸オイルキャットファイト 〜闘う相手は自分で指名する1回戦、激闘壮絶ガチバトル復活〜
8人制トーナメントで1回戦の対戦相手は指名するというパフォーマンス付き。遺恨や独特な感情をストーリーにして1回戦を戦う。

 

組み合わせが決まったトーナメント表はこちら

 

1回戦第1試合 加藤ツバキvs高澤美優

トーナメント1回戦のみお互いの脱衣シーンから始まる。お互いに身体を罵倒しながら脱ぎ合うシーンは全裸キャットファイトシリーズの名物。
かなり身長差があり背の高い加藤ツバキが有利かと思われ、前半戦は有利に試合を運ぶ。しかし後半調子を上げてきた高澤美優が勝利。
初めはビンタも強さがわからず優しくやっていたが後半ではお互いに思いっきりぶったたいていた。
勝利の高澤美優は加藤ツバキの顔面に騎乗して放尿制裁。そして手マンで潮吹きさせて終了。

 

1回戦第2試合 西園寺れおvs北条麻妃

トップAV女優の北条麻妃の参戦で業界騒然となったが、後にも先にも1回戦で北条麻妃が敗戦したので、本気で怒鳴り合う姿を見れるのは唯一この作品のこの試合のみ。
30代熟女vs20代の新人AV女優の対決でお互いに若さと熟女さをネタに言い合いをしている。西園寺れおも悪くない身体だが、2人が並ぶと改めて北条麻妃のスタイルの良さには納得するしかない。
試合は若さで押し切り西園寺れおの勝ち、勝利後、手マン潮吹き&顔面踏みつけのキメポーズで終了。
北条麻妃が足で顔面を踏まれてグシャグシャになっている姿に唖然としてしまった^^;

 

1回戦第3試合 藤堂ルシアvs真木今日子

ロングヘアーに巨乳という似たようなプロポーションの2人の対決。髪が長いだけに髪を掴んでの攻撃が増える。お互いに優しい正確なのかビンタはちょっと控えめだ。
しかし喋りが上手なのは2人とも同じでエロワードがポンポンと飛び出す試合に。最後は真木今日子が腕十字を極めてギブアップ宣言を引き出す。
試合後は言葉責めしながらの手マン制裁で潮吹きして終了。二人の言葉責めの相性はピッタリで興奮しますた^^

 

1回戦第4試合 樹花凜vs愛咲リア

いきなり脱衣シーンから2人はヒートアップしてビンタ合戦となり、嵐の予感の1回戦第4試合。
言葉での言い合いから圧倒的に樹花凜の独壇場で有利に。Sキャラ作品の多い愛咲リアもタジタジに・・。
見た目がイカつい愛咲リアがもっとイケると思ったが終わってみれば樹花凜が腕を極めて完勝に。試合後はお尻ペンペンして制裁終了。

 

準決勝第1試合 高澤美優vs西園寺れお

 

良くも悪くも1回戦を勝ち抜いて戦い方がわかってきた2人。若干手抜き感が垣間見えるシーンが出てくるが1DAYトーナメントなのでしかたがないか。
時折いろんな決め技を出してきて技の見所も多数。最終的にキャットファイトらしい技?でギブアップを奪い試合終了。
放尿制裁を立ちションで行い終了。

 

準決勝第2試合 真木今日子vs樹花凜

貧乳vs巨乳対決となりお互いにおっぱいのことで罵倒しあう。イケイケで1回戦勝利した樹花凜は疲れたのか若干勢いが無い。
真木今日子はオッパイを押し付けて窒息攻撃を仕掛けるがフィジカルで勝る樹花凜が勝利。
立ちション放尿制裁を加えて試合終了。

決勝戦 樹花凜vs西園寺れお

いよいよ決勝に勝ち上がってきた2人。まずはマイクパフォーマンスからスタート。
勝ったほうが土下座させてペニバン制裁するぞ!ということになる。
出だしはビンタ合戦から、ビンタのスピードが断然に樹花凜が早くて勢いが違う!
組んでも力負けしない樹花凜が有利に。よく見ると樹花凜の身体はスポーツをやっていたのか筋肉質で脚の筋肉がものすごく発達している。
途中試合がエスカレートして、反則?となる頭突き合戦となりゴツゴツという音が会場内に響き渡る。
フィニッシュは樹花凜のネックロックでタップを奪い勝利。

決勝でのレズ制裁はロングタイムバージョン。まずは馬乗りビンタの応酬でついに西園寺れおに涙が・・。
そして負けたことを罵倒して土下座で謝らせて顔面を足で踏みつけます^^;
マイクパフォーマンスでも約束したペニバン制裁の開始です。半分泣きべそをかいた西園寺れおのオマンコにペニバンを装着した樹花凜が挿入。
罵倒しながらガンガン突いて次第に感じ始める西園寺れお。イクまで挿入して正常位でベロチュウしながらフィニッシュ。

樹花凜の強さが目立った第1回全裸キャットファイトトーナメントでした。

 

全裸オイルキャットファイト 〜闘う相手は自分で指名する1回戦、激闘壮絶ガチバトル復活〜

 

 

本編はこちら

 

コメントは受け付けていません。